時々お問い合わせいただくブログのトップページの写真は、グランドキャニオン(アメリカ・アリゾナ州)。そんなわけで(?)、特に地質に興味のない人も行きたくなるであろう、超有名どころのお話を。



グランドキャニオン(Grand Canyon)とは、コロラド川に沿って続く深さ1㎞以上の深~い谷。
グランドキャニオンを流れるコロラド川
水の流れも長い時間をかければこのとおり。

ちなみに、コロラド川は全長2,330kmで、たどっていくとメキシコを超えカリフォルニア湾に流れ出ていきます(日本一長い信濃川は367㎞ですからその長さといったら(@_@))。

そして、約18億年前から2億年前の地層が下から上に積み重なっています(約15億年前から5億年前の地層は抜けていますが)。


この谷のすぐ横を歩くトレイルロードがあります。
谷のすぐ横にあるトレイルロード
舗装されていますし、アップダウンもそこまでないのでウォーキングな感じで絶景が楽しめます。

この道の所々にハリウッドの「Hollywood Walk of Fame(名声の歩道)」みたいな金色のプレートが埋め込んであります。
距離を表すプレートとハリウッドの歩道にはめ込まれたプレート
トレイルロードを「The trail of time(時間の小道)」と銘打ち、地球誕生の約46億年前から今日までの道のりとして歩くことができます。

1メートルで100万年を表しているので、全部で4.6㎞のウォーキングコース。
時間の小道の地図看板
写真左の青矢印が46億年前。右側の赤矢印が今日。「今日」を過ぎると、地質博物館(Yavapai Geology Museum)があります。

このトレイルロードには、ところどころに案内看板があるのですが、これが英語を母語としない人にもほどよい情報量(文字量)でわかりやすく。
情報量(文字量)が適度な案内看板
ただ眺めるだけでは気が付かない、景色の奥にある地質や歴史を感じることができるので、行かれた際には要チェック。


ちなみに、小道の脇の石なんかもよ~く見るとコケムシ(苔でも虫でもない動物)や腕足類(わんそくるい)などの(あんまり聞いたことないかもしれない)化石を見つけることができます(腕足類に関してはこちらの記事をぜひ)。
化石を探して下の岩石を見ている様子
「下向きの人生」については、こちらこちらの記事もよかったら。

国立公園ですので採集は禁止ですが、見つけるだけで嬉しいものですヽ(^o^)丿 どんな化石が含まれているのか見たい方は、グランドキャニオン国立公園のサイトをご覧ください。


この「時間の小道」を歩いている途中、「Bright Angel Trail(輝く天使の小道)」なんてキラキラした名前の谷に降りるトレイルロードも出現しますが、これ、絶対にふらっと行ってはいけません。
急峻な崖にへばりつくような輝く天使の小道
よく作ったな~という感じの急峻な崖にへばりつくようにある道。

きれいではあるのですが、装備なしで出かけると「輝く天使」によって(?)天国へ導かれてしまう恐ろしい道。
重症者または死者が毎年出ているという警告文
脱水症状などで、重症になったり死亡したりするとのことで、ここだけフランス語、ドイツ語、日本語でも警告がなされていました。

それはさておき、このように、人や動物が谷の下まで入っていけるのは、断層(の割れ目)があるおかげ。
断層の谷に沿ってトレイルロードがある
写真の右手前から左奥まで断層の谷が続いています。

看板には「No Fault, No Trail(断層なくして道はなし)」というキャッチコピーが。
断層なくして道はなしと書いてある説明板
「No Music, No Life(音楽がなければ人生はない)」みたいでなんかかっこよく(^-^;

「通れる」ということだけでなく、断層があることによってその割れ目から水が湧き出しており、先住民や探鉱者にとって砂漠の中のオアシスとして重要だったとのこと。何事にも色々な側面があるもんですね。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

何億年前に生きていた生き物だけでなく、現在生きている動物に出会うことも。
立派な角を持つアカシカ(エルク)
角が立派なアカシカ(エルク)も道のすぐ脇にいたりします(アカシカは元々アリゾナ州北部にはいない動物なので、移入してきたようですが(´Д`))。

野生動物が近くまで来るので、ついついかまってしまう人が多いようで、禁止のポスターや案内がありました。
リスにエサをあげないでというポスターl
よくある減量商品の(うさんくさい)ポスターのようなうたい文句「アメリカナンバーワンダイエット!(人間の食物を食べない)」「1.5キロやせて気分サイコー!」と構成「ビフォー、アフターの写真」で、「エサあげたらあかん!」と訴えていました(このポスターはザイオン国立公園・ユタ州のもの)。